猫 保険

様々な特徴がある猫のペット保険

近年、動物医療の進歩とともにペットの平均寿命が伸びています。ペットも人間と同様、年齢が上がるにつれ病気のリスクが高まります。そこでペット保険のご紹介ですが、猫のペット保険にもいろいろな種類があるのをご存知でしょうか。まずは基本的なことがらとして、保証の範囲です。入院・手術タイプと入院・手術・通院タイプに分かれます。通院なしタイプは保険料を抑えながら、入院や手術に備える保険です。一方の通院ありタイプは、ちょっとした通院や、入院・手術までしっかりと補償してくれます。参考までに、ペットの生涯医療費の約65パーセントは通院費であるという統計があります。一般的にペット保険は年齢に応じて保険料は上昇します。中には10歳を過ぎたらその後の保険料が一律というペット保険商品もあります。どんな保険でも加入前に、年齢に応じた保険料の上昇は要チェックです。

治療費の保証範囲も選択可能、限度額や請求回数制限は要チェック

人間の任意保険も同じですが、猫の保険も治療費の補償範囲を選ぶことで保険料が決まります。補償費は治療費の50パーセントから100パーセントまでカバーされる保険商品があります。各社色々な特典と注意事項がありますので、比較が大変面倒に思えますが、チェックのポイントとしては、補償される1日の限度額の有無や、保険請求回数制限の有無、高齢時の保険料、通院補償の有無です。人間同様、加入時は健康であることが加入の条件です。その他オプション的な存在として、夜間の緊急診療を補償対象としている保険商品もあります。人間と違ってペットにかかる治療費は100パーセント自己負担です。よくある治療事例ですが、異物誤飲で平均的な治療費は4万円弱ですが、中には手術が必要となり65万円かかった例もあります。骨折の平均治療費は16万円程度ですが、最高77万円かかっています。

ペット医療費には基準がなく、医療費が高額になってしまうケースあり

人間と同様、医療の進化や生活習慣の変化とともに、猫の寿命も延びています。もちろん寿命が伸びれば白内障やヘルニア、がんなどの病気にかかる割合も増えます。家族同然の猫がケガや病気で苦しむ姿を見るわけにはいきません。しかし全額自己負担となる医療費は飼い主の生活を圧迫します。猫のペット保険に入っていれば、猫にも治療費の心配をすることなく医療施術を受けさることが可能なのです。保険の請求の仕方は2種類あり、一つ目は治療会計後、資料をそろえて加入先のペット保険へ請求する方法です。二つ目は保険会社による提携病院での診療で、会計時にすでに加入保険の補償範囲を差し引いた差額のみを支払う方法です。こういったことをじっくり比較検討し、自分の猫にピッタリの保険を探し当てられたらいいですね。

ペットの万が一に役立つペット保険をご紹介。 主力商品・サービスはペット保険比較で、有料保険会社に一括で資料を請求できるほか、オンラインでの保険申し込みができるサービスです。 ターゲット層はペットの保険をお探しの方で、様々な保険を比較し、オンラインで申し込みすることができます。 当サイトは、日本全国のペットを飼われている方のために、複数の保険会社からペット保険を一括で無料見積もりいたします。 犬・猫・ペットの保険比較はヴィータ