猫ごとにぴったりの保険を見つける方法とは

皆さんの家族の一員として、ペットに猫を飼われている方も少なくないのではないでしょうか。家の中でのお世話や住処の掃除など、様々なことを猫の為にされておられると思いますが、誤飲や思わぬハプニング、そして病気など、予防接種以外で動物病院へ行かなければならないことも、長く一緒に生活していれば起こりうる事態です。しかし、ペットには公的な保険の制度が設けられていませんから、時に高額の医療費がかかってしまうことがあります。入院や手術が伴う場合は特に高くなりやすいのですが、飼い主さんにとって大きな負担となり辛い思いをされるかもしれません。そこで、そのような万が一の時の備えとしてペット保険があります。加入率は現在それほど高くないのですが、猫や犬を飼う方に近年は注目されています。

猫の為に保険に入っておくメリットとは?

では、ペット保険に入っておくメリットをいくつかご紹介します。まず一つ目は、病院を早めに受診できるという点です。例えば、猫が少し具合が悪そう、という場合、一度の診療で高額な医療費がかかるのでもう少し様子を見てから、となることも多いでしょう。しかし、保険に加入していれば負担が軽いので診察を受けることへの敷居が低くなりますから、すぐに病院へ行くことが出来ます。もし病気の場合はやはり早めの受診が重要ですから、大きなメリットと言えるでしょう。次に、物品の損壊やケガをさせた時の賠償など色々な特約がある保険もあり、飼い主さんのニーズに合わせて選ぶことが可能ということです。また健康割引もありますから、元気に過ごせた場合は次回の保険料が安くなり、備えを継続しやすくなっています。

大切な家族のペット保険を選ぶポイント

あまり広くは知られていませんが、近年じわじわと加入者が増えているペット保険ですから多くの保険会社がペット用のプランを用意しています。商品によって特性や保険料が変わってきますので、まずは資料を請求して比較しご自身のペットに必要な保険を探しましょう。比較していただきたいポイントとしては、補償内容はもちろん、対象外の疾患が記載されていますのでそちらの確認と、今は安くても猫が高齢になった時に保険料が大きく変わってくることがほとんどですから何年も先の金額も計算して長い期間の金額を考えておきましょう。また、病院の窓口で保険適用が可能かどうか、インターネットで申し込みの場合割引されるかをチェックしておきます。しっかりと内容をチェックし、大切な家族であるペットの為に最適な保険を見つけてください。